おいしい野菜が食べたい派!無農薬野菜の宅配NAVI

こだわりの無農薬野菜の宅配サービス会社をいろいろ集めてみました!

無農薬野菜の宅配通販NAVI » ココをチェック!美味しい野菜の選び方 » 一番大切なのは“土”

一番大切なのは“土”

おいしい無農薬野菜が育つ条件として、土の環境の重要性を解説していきます。

おいしい野菜を育てるには「土」が大事!

土をいたわる野菜が健康でおいしく育つためには、健全な土壌環境が不可欠です。

では「健全な土」って、いったいどのようなものなのでしょうか?

野菜づくりにおける土のおもな役割は、豊富な養分充分な酸素適度な水分を蓄えて作物に与えること、そして、しっかりと根を張れる環境を提供することです。

ですから、こうした役割を総合的に果たせることが、「健全な土」の条件と言えるでしょう。

健全な土を作るために、まずは、深く耕す作業が大切だそうです。深く耕すことで、土の中に空気を含んだ大きな隙間がたくさんできて、柔らかくなります。そうすることで、根がしっかりと育ち、充分に働くことができるのです。

また、健全な土には、野菜が育つのに必要なミネラル分が、バランスよく含まれています。土の中にいる多種の微生物が、有機物を分解するときに、たくさんのミネラル分を生み出しているからです。

しかも、この微生物の生み出すミネラル分が、野菜の旨味やコクいった味の決め手になっています。

そして、農薬や化学肥料を極力使わないということも、健全な土づくりの大事な条件。じっくりと時間をかけて、有用微生物の多い肥沃な土を作ることで、害虫にも強い畑になっていくそうです。

九州野菜が人気の理由

雄大な自然最近は、九州野菜が注目されているのをご存じですか?

東日本大震災以来、特に放射能や放射線を気にされる方から支持を集めています。

また、豊かな自然に恵まれ、ミネラルをたくさん含んだ水が育む肥沃な土壌で知られている鹿児島県霧島など、おいしい野菜作りに適した良い環境があることも、人気の理由になっているようです。