おいしい野菜が食べたい派!無農薬野菜の宅配NAVI

こだわりの無農薬野菜の宅配サービス会社をいろいろ集めてみました!

無農薬野菜の宅配通販NAVI » 知ってた?無農薬野菜のホントの話 » 無農薬野菜と有機野菜、なにが違うの?

無農薬野菜と有機野菜、なにが違うの?

無農薬野菜と有機野菜の違いなどを詳しく解説していきます。

無農薬野菜と有機野菜の違いを知っておこう

「無農薬野菜」と「有機野菜」って、いったいどこが違うのでしょうか?

その違いを解説する前に、まずは「農薬」「化学肥料」の違いを説明しておきますね。

「農薬」は、植物の病気を防いだり、害虫を退治したりするための薬剤や、雑草を枯らすための薬剤。

対して「化学肥料」は、植物に栄養を与えるために化学的に作られた肥料です。

そして、農薬も化学肥料も使わずに栽培された野菜が「有機野菜」ということになります。

有機JASマークしかし本来は、農林水産省が定めている厳しい基準をクリアして、有機JAS認定を受けたものだけが、「有機」と表示することを公的に認められているそうです。

いっぽう、「無農薬野菜」は、農薬を使わずに栽培された野菜なのですが、化学肥料を使っている可能性はあります。ここが、有機野菜との大きな違いと言えるでしょう。

このほかにも、減農薬野菜、無化学肥料野菜、減化学肥料野菜など、まぎらわしい言い方がたくさんありますね。

そこで、表示の混乱を防ぐために、「有機農作物」「特別栽培農作物」という、ふたつの表示でまとめることになっています。

「有機農作物」は、無農薬かつ無化学肥料で作られた農作物(有機野菜など)。「特別栽培農作物」は、有機栽培には該当しないけれど、特別な栽培方法で作られた農作物(無農薬野菜、減農薬野菜など)のことです。

知っておきたい有機野菜のホントの話

農薬も化学肥料も使わずに作られた野菜を「有機野菜」と呼ぶことはお話しましたが、実は、有機JASで使用が認められている農薬も21種類あります。

そのため、もし、これらの農薬を使用していても、「有機野菜」と表記できるのが現状です。「有機野菜=完全無農薬ではない」という事実に驚いた方も多いのではないでしょうか?

どうして農薬の使用を余儀なくされているかというと、それは肥料を使っているからだと言われています。

肥料の中には、植物につく虫や病原菌が好む窒素が多く含まれているのです。そのため、肥料を使えば使うほど、農薬を使わざるを得なくなるというわけですね。

おいしいさつまいもGET!そこで、完全無農薬の有機野菜を見極めるには、「土」にこだわって作られていることが大切なポイントになります。

肥料を極力使わず、もちろん農薬は一切使用せず、土本来の力を引き出して作られたものが、本物の有機野菜&無農薬野菜と言えるでしょう。