おいしい野菜が食べたい派!無農薬野菜の宅配NAVI

こだわりの無農薬野菜の宅配サービス会社をいろいろ集めてみました!

無農薬野菜の宅配通販NAVI » 知ってた?無農薬野菜のホントの話 » 無農薬だと虫食いが多いの?

無農薬だと虫食いが多いの?

無農薬野菜だと害虫が付きやすく、虫食いが多いと思われがちです。では実際はどうなのか、作り方をまじえて解説しています。

手間をかけて作られている無農薬野菜

畑の見張り番!「無農薬野菜は虫食いがたくさんある」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

実際に、無農薬で害虫から野菜を完全に守るのは大変なことですし、たまに虫がついたまま出荷されている野菜にあたることもありますよね。

なかでも、キャベツ白菜ブロッコリー小松菜などは、害虫が好む野菜です。

では、無農薬野菜を栽培するときには、どのような対策をしているのでしょうか。

無農薬栽培の害虫対策としては、捕殺できる大きめの害虫は徹底的に駆除します。

例えばキャベツなどは、1日に数百匹もの虫を捕殺し続けることで、1週間ほどでほとんどいなくなるそうです。

このほか、ストチュー(酢と焼酎を使った病害虫予防液)や、ネットを使った防虫対策なども施されています。

このように、大変な手間をかけて害虫対策をすることで、虫食いの少ない無農薬野菜が作られているのですね。

虫がつかない時期と野菜を選ぶのもポイント

害虫対策に大変な手間をかけている無農薬栽培ですが、自分で予防できる方法はあるのでしょうか?

実は、虫がつきにくい時期と、害虫の心配が少ない野菜を選ぶことが、最良の方法と言われています。

具体的には、寒い時期には虫がつかなくなるので、晩秋~冬蒔きのほうれん草や、秋蒔きで春収穫の新キャベツなどが、無農薬で作りやすいそうです。

じゃがいも&トマト&たまねぎまた、じゃがいもたまねぎトマトなど、もともと害虫の心配が少ない野菜を中心に選ぶこともポイントになります。

このように、時期と野菜を選ぶことで、無農薬でも意外に虫がつかないように作ることは可能なのです。

「無農薬野菜は虫食いが多い」とは一概には言えないようですね。